2018.04.13更新

裏山あそび、「めっちゃたのし~い!」
山の中には危険もありますが、その危険とどう向き合うかを学ぶ場所でもあると思います。大人の中にも受け身の考えの人が増えてきている傾向が見られます。「どうすれば、その課題と上手く向き合い解消・改善されていくのか?」を考える土台は、
まずは自分でやってみることなのだと思います。子どもの時代には、それが遊びなのです。






お弁当もってお花見に
お花見が心配されていましたが、とてもいいお天気になり裏山でのお花見を決行!
朝から、何人かの職員がお花見弁当作りに精を出していました。先生の大きなお団子に驚き喜ぶ子どもたちです。季節の生活を、ゆとりのある中で体験してほしいと願っています。花より団子の子どもたちでしたが、「おいしい~」と食べてくれたので、これで良しです!







頼りにしてます そらぐみさん!
紺色の帽子に変わったら急にしっかりした顔つき見える年長児。
小さいクラスの子どもたちに声をかけている姿がよく見られ頼もしく感じます。





こども園スタート!
4月2日 入園式を終え、3日から新入園児さんも涙涙の登園です。1日目、お母さんから離れて初めての人と1日を過ごすわけですから不安がいっぱいです。
2日目、子どもたちは涙の登園でしたが、あそび始めると笑顔がいっぱいです。少しずつ新しい環境に慣れて楽しんでほしいと思います。




かやのみ保育園として最後の卒園式

お父さんやお母さん、そして仏さま、保育園の職員たちに温かく見守られて成長してきた子どもたちは、たくさんの力を身につけてきました。一人ひとり、顔、形、性格、得意なもの、苦手なものそれぞれ違います。 違うからこそ面白いのだと思います。かやのみ園は、「みんなちがって みんないい」と思って教育・保育を行っています。誰かと比べられるために生まれてきたわけではないのですから、その子の持つ良さをどんどん見つけていけばいいのだと思います。








上のイラストをクリックで
かやのみこども園ブログ「いいもの見つけた」
に移動します


前回のフォトギャラリーへ