2018.03.01更新

何してあそぶ?


自分の好きな遊びを見つけてあそんでいると、自然と友だちが寄ってきて一緒にあそび始めます。
1つのあそびにじっくりと向き合っている姿をみると、心が安定し、成長したなと感じます。




転がしドッヂ



「こい こい」と外から転がってくるボールを、いろんな形で誘います。
ボールが当たると悔しいしし、外にでたくないという思いも味わいながら、「でも友だちとあそぶのは楽しい」
という経験を重ねながら仲間がいることの大切さを知っていきます。



おさんぽ、行ってきま~ス!



ぽかぽかと暖かく、お部屋にいるのはもったいない。
元気に外へ出てきました。
「おさんぽにいってきま~す」と職員の声も元気いっぱいです。




前回更新分

自分だけのオリジナルブローチです。
どのブローチも、その子の個性が出ている形に仕上がりました。





少し風が冷たかったのですが、お日様が当たる場所は、暖かくて気持ちよかったです。
(正月休み明けのひとコマ)



友だちと楽しく会話を交わしながら、温かく美味しい食事をいただきます。 
そこには美味しい顔がいっぱいです。


作品展の思い出…
0.1歳児も大活躍でした。 小さくても楽しんで作品作りができます紙粘土はトイレットペーパーをちぎって、水のりの中で捏ねて作りました。
手に色が付くのは、どの子も最初は違和感があったみたいですが、進めていくうちに楽しさが分かり、「ぼくも、わたしも」と意欲的に関わっていました。



しんぶんしあそびっておもしろかったね、またしようね!
新聞紙を破って遊ぶのは、開放感があってとっても楽しいね。
笑顔がいっぱいの遊びです。





上のイラストをクリックで
かやのみ保育園ブログ「いいもの見つけた」
に移動します


  

前回のフォトへ…