2018年5月更新



【ごあいさつ】
 
園長 足利由希子
あそびを通して
日中は、夏を思わせるような気温の日が
増えてきました。 新学期が始まって1ヶ月が経ちました。
自分の抱える不安と向き合いながら、少しずつ折り合いをつけていっています。 涙の別れに胸を痛めるお母さんの心配なお気持ちも、いつの日か懐かしい思い出になっていくので、もう少し見守ってくださいね。 
外遊びでは、小さな虫を見つけては観察したり、砂山を作っては壊したり、鉄棒にぶら下がって自分の力を試したりして楽しんでいます。 何度も何度も同じ遊びを繰り返す子もいれば、次から次へと遊びが変わっていく子もいます。 
あそびを通して、自分を知っていくので、子どもの話にしっかりと耳を傾けて、お話を聞いてあげてください。。




2018年5月

降誕会(ごうたんえ)

親鸞聖人のお誕生をお祝いする日です。
 かやのみこども園は、浄土真宗本願寺派の仏教園で、「まことの保育」を実践しています。
宗祖 親鸞聖人の教えを大切に、一人ひとりの生かされている命が、より充実したものとなることを願って教育・保育に向き合っています。
この日は、かしわ餅を作ってお供えし、みんなでお祝いしています。。

幼保連携型認定こども園へ移行について

4月より、幼保連携型認定こども園へ移行するため、名称は「かやのみこども園」となります。また、口座引き落としも園から行われます。引き落としの金額は15日ぐらいまでにお知らせし、27日に引き落としされます。引き落としができなかった場合は、その月の終わりまでに現金でお支払いいただくようになります。


水分補給のお願い

午前中の外あそび、散歩などで汗をかくことも多くなりました。水分補給のため、4・5歳児は水筒にお茶を入れて持たせてください。 3歳児以下の子ども達は、まだ、水筒の管理が難しいので、園の方でキーパーにお茶を準備して水分補給を行います。 水筒が必要なときは、また、お声を掛けさせていただきます。




Q.ご飯を食べるのに時間がかかります。声をかけても進まずイライラしてしまう。 どうしたらいい?
Answer
A,まずは食べる環境を見直してみましょう。例えばテレビがついているとか、盛り付けられている分量などです。15〜20分ぐらいの時間で食べられる量が適量です。小さい子であれば、一口量をペースよく口へ運んであげるといいです


Q.ちょっと教えて・・・下の子に手がかかるから、上の子とうまく向き合えないんで悩んでいます。
Answer
兄弟ができたことでお母さんを独り占めできなくなり、淋しさを感じている子は以外と多いものです。お母さんは「大変な上にまだ〜?」と思うかもしれませんが、子どもにとっては、たった一人のお母さんですからね。 手はかけてあげられなくても眼と声だけはかけてあげてください。 それだけで愛されているという実感が持てるんですよ。

*提出物は、早めにお出しください。
*感染症の場合は、必ずお知らせください。
*お薬には必ず名前を書いて渡してください。
*早寝・早起き・朝ごはんを心がけましょう。
*送迎時に駐車場が混雑します。お子さんの安全確認を怠らないようにして
 ください。






2018年度


和顔愛語で保育を行います

理事長・・・足利義信 

園長・・・足利由希子  

主任保育士・・・竹縄理恵

ばら・・・中村麻弥・門田佳子・倉田悦子  

ゆり・・・遠山優実・松本京子・藤岡真弓・上本典子  

もも・・・清水香織・安原千草・山下和葉  

ふじ・・・井上優子・半田七彩  

にじ・・・前原弘子・川相友紀  

そら・・・高田久恵・大雲未裕

給食・・・大迫久美江・廣岡直美・杉山彩乃