2019.5.20更新
花より団子



春の陽気なお天気の中、子どもたちはお花見に出かけました。
昨年は、竹の皮で包んだお弁当だったのですが、今日は、オードブル形式です。「いただきます」のご挨拶を済ませると、すぐにお弁当に。人数分あるのですが、なぜか争奪戦!あっという間にお皿の中は空っぽになり、お代わりが始まりました。


思い思いの遊びを楽しむ



お昼ご飯をたくさん食べて、4歳児はお昼寝。5歳児は、掃除を済ませ、午後の課業。おやつを食べた後は、元気いっぱい外あそびです。溝へどんどん砂を落とし込むので、「やめて~ 溝が詰まる」というと、返ってきた言葉は、「だってワニがおるんじゃもん」でした。とにかく、元気いっぱい、思い思いの遊びを楽しんでいる子どもたちです。どの写真なのかわかりますか?
みんな思い思いに遊びを見つけて、楽しんでいます。本当に子どもって想像力はんぱないですね!




降誕会(こうたんえ)


5月21日は、浄土真宗宗祖 親鸞聖人のお誕生を喜びお祝いする日です。毎年、かしわ餅を作ってお供えし、本堂にお参りをします。年長児がお餅の粉を捏ねてくれます。

わ~ いいお顔(^O^)かしわ餅を、7個も8個も食べる子がいてびっくりしました。唐揚げやおむすびのおかわりをする子もたくさんいて、みんな元気でいいな~と思いました。親鸞様も小豆がお好きだったようですよ。


先生に見守られて


新学期が始まり、保育室も担任の先生も少し今までとは違います。だけど、すぐに子どもたちと先生は信頼関係を築き始め、どんどん仲良しになっていきます。また、小さいクラスは一人は持ち上がりなので、安心して自分たちの遊びを楽しむことができます。

お友だちが遊んでいると、自分も「やってみたい」という思いが芽生え、型はめパズルに挑戦します。涙も出ますが、先生の「貸してほしかったの?」の一言で気持ちが切り替わります。子どもの声を拾いながら絵本を読み進めていきます。こうして子どもたちは先生との信頼関係を深めていきます。安心して笑うことができます。大人に見守られて、失敗を恐れず、好奇心旺盛な子どもに育ってほしいと願います。






上のくまさんをクリックで
かやのみ保育園ブログ「いいもの見つけた」
に移動します


  

前回のフォトへ…