8月分「のんのんあん」更新しました





【ごあいさつ】
 
園長 足利由希子

 梅雨が明け、夏らしい暑さになってきました。子ども達の楽しみにしていた水遊びも再開され嬉しそうです。
 7月27.28日とかやのみ園が実践している「まことの保育」の研修会が福山で行われました。文明の利器がどんどん進化していく中で、私たちの生活も便利になり効率性も高く時間短縮されて変わり続けます。
 しかし、その反面変わらないものもあります。それは、生きとし生けるものすべてに平等に尊い命が与えられていること、そして多くの命によりこの私が生かされていること。わかってはいるものの忙しい毎日にゆとりを持てず、つい忘れがちになります。いろいろな職種のご講師の先生のお話をお聞きし、再確認させていただく貴重な時間となりました。
 日本ではお盆という行事があり、お墓やお仏壇に手を合わせご先祖様に感謝をします。命のバトンをつなぐとも表現されますね。虐待や突然の事故、病気により命のバトンをつなぐことができなかった子どもが多くいます。 
 どうぞ、お盆という行事を通して、おじいちゃんやおばあちゃんの存在、家族の存在についてお子さんと話していただけると幸いです。 
園でも一人ひとりの子どもの存在をしっかり認めていきたいと思います。。


2019.8.1更新





こども園からのお知らせ

・駐車場での子どもさんの飛び出しが大きな事故につながります。
 必ずお子さんの手を引いて、安全確保に努めてください。
・夕方のお迎え時、園庭に車が入ります。 接触事故を起こす危険があり
 ますので、園庭であそばないようにご協力をお願いします。


一斉メールの登録


一斉メールの登録が始まっています。 先日、ご案内しておりますのでご確認の上お手続きをしてください。




Q.ご飯を食べるのに時間がかかります。声をかけても進まずイライラしてしまう。 どうしたらいい?
Answer
A,まずは食べる環境を見直してみましょう。例えばテレビがついているとか、盛り付けられている分量などです。15〜20分ぐらいの時間で食べられる量が適量です。小さい子であれば、一口量をペースよく口へ運んであげるといいです


Q.ちょっと教えて・・・下の子に手がかかるから、上の子とうまく向き合えないんで悩んでいます。
Answer
兄弟ができたことでお母さんを独り占めできなくなり、淋しさを感じている子は以外と多いものです。お母さんは「大変な上にまだ〜?」と思うかもしれませんが、子どもにとっては、たった一人のお母さんですからね。 手はかけてあげられなくても眼と声だけはかけてあげてください。それだけで愛されているという実感が持てるんですよ。

*提出物は、早めにお出しください。
*感染症の場合は、必ずお知らせください。
*お薬には必ず名前を書いて渡してください。
*早寝・早起き・朝ごはんを心がけましょう。
*送迎時に駐車場が混雑します。お子さんの 安全確認を怠らないようにしてください。






和顔愛語で保育を行います